OpenCV KAKUUCHI

「角打ち」とは

 「角打ち」(かくうち)をコトバンクで調べると「(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと。」とある。他にも、将棋で角行の駒を盤上に打つこと、弓矢や鉄砲で的(角)を射ること、という説明もあるが、ここではお酒についての角打ちを紹介する。
 時は江戸時代。お酒の販売は量り売りが基本であった。客は酒を升で量ってもらい、店の名前が入った徳利に入れてもらって持ち帰る。ところが、酒飲みというのは我慢が効かなかったのか、升に入った酒をそのままその場で飲んでしまう者もいたと当時の書き物に残ってるそうだ。但し、その頃は角打ちという言葉はまだ無く、升飲み、升酒などと呼ばれていた。
 そんな角打ちが大きく花開いたのが北九州。官営八幡製鉄所の労働者が、仕事明けに酒屋で飲み始めたのがきっかけだ。肉体労働の後で、疲れた体を癒すのは酒場というのが世の常。しかし製鉄所の勤務は三交代制で、夜勤明けの労働者が飲みたいと思っても飲み屋は開いてない。そこで労働者は飲み屋ではなく酒屋で飲み始め、これはいいと瞬く間に広まったという。そして角打ちという言葉も、実は九州地方の方言ということから、北九州に端を発したのかもしれない。
 ところで、よく「角打ち」と「立ち飲み」が混同されがちであるが、厳密に言うとちょっと違う。 角打ちは酒屋の主人がお酒をコップなどに注いでキャッシュオンで売り、その場でわずかなアテと一緒に立ち飲みするスタイル。お酒を買う前にちょっと味見を、といった感じでその場で飲むことなのだ。もちろん、それが気に入れば一升瓶などで買って帰る。º 一方、いわゆる一般的な立ち飲みは、酒屋ではなく飲み屋(飲食店)であり、手早くできる料理をつまみに立ったまま飲むといった具合だ。 まぁ、今ではその境目もグレーではあるので、その場その場での流儀に従って、長居はせず潔く飲むのがいい。どちらも興が乗れば、二軒目の飲み屋に行くのだから。

角打ちの今

 北九州の酒屋では今でも角打ちできるところが多いのだが、最盛期には200件以上あったものが、現在では100件以下にまで減ってきている。その代わりというわけではないのだが、現代では角打ちの派生版として「ネオ角打ち」という言葉で再生しており、お洒落な店も増えたようだ。 ワイン、クラフトビール、その他のお酒を専門に扱う酒屋で角打ちと洒落こむ。なんでも酒好きのカップルには絶好のデートスポットになるらしい。
 ネオ角打ちの特徴としては、お安く飲めるということはもちろんだが、それに加えて美味しいお酒を客どうしでシェアしてテイスティングする、という楽しみ方に変わってきている。 飲み方としては、もちろん升ではなくてコップやグラスにお酒を入れてもらって飲むのが一般的で、缶や瓶でそのまま飲むことも可能だ。
 昔ながらの角打ちでも、缶ビールや缶チューハイをそのまま飲めたり、焼酎を大き目のグラスに入れてサワーにできるなど進化している。セルフで熱燗にできる、なんてのもあるから驚きである。 酒飲みを自称する輩にとって、こんな角打ちの広がりには目が離せない。
 海外に目を向けて見ると、イタリアを中心としたエノテーカと呼ばれるワイン販売店での試飲は、比較的角打ちに近いように見える。また、酒屋がレストランを併設し、そこでお酒や料理を楽しめたりするものはある。しかし、それ以上の似たような形態は見当たらないのが実情である。
 角打ちは、酒屋の片隅で飲ませていただくのだから、さっと飲んでさっと帰る。長居はしないのが肝要。店の主人や居合わせた酒好きの客と、他愛もない会話ができれば、仕事の疲れも癒されること間違いない。[Author:ばっは51]